新世紀住宅のキーワード 高気密・高断熱・計画換気

穴あき住宅からの脱却 高気密住宅

なぜ高気密住宅が必要か

住宅の隙間の合計面積を計り、それを床面積で割ったものをC値(cm2/m2)と言います。現代の一般的な住宅はC値が5平方センチメートル程度です。これは実に中途半端で、気密性が高いわけでもなく、空気が十分に流通する程に開放的な状態でもありません。このような家では換気扇を設置しても効率のいい換気は行われません。冬などは隙間風が多くて、単に寒いだけでしょう。

  • 関連情報*1:相当隙間面積とは

    中途半端に隙間のある家は、途中にあちこち穴の空いているストローと同じで、いくら口で飲み物を吸い込もうとしても途中の穴から空気が入ってくるばかりで、飲み物は決して口まで届きません。同じ状態が住いと換気にも言えるのです。

    また、住宅に隙間が多いと、そこから大量の水蒸気が流出入します。そのため冬に適度な加湿をしても、その穴から水蒸気が出て行くばかりで加湿の効果は上がりません。反対に夏場には外気からの水蒸気の流入が起こり、せっかくの冷房も非効率となります。そうした意味でも、気密性を高めることは、冬は室内の乾燥を防げるほか、夏場は冷房効率が上がる、床下除湿が可能となって建材が腐りにくくなる、カビやダニなどの繁殖が抑えられるといったメリットがあります。

    ムダな漏気が換気性能を低下させる 隙間だらけの家では機械喚起ができない
    ムダな漏気が
    換気率を低下させる
    隙間だらけの家では
    機械換気ができない

  • 関連情報

    高気密こそ、よい家の条件

    気密性能と換気効率には、大きな関連性があります。図のように相当隙間面積、C値が0.5cm2/m2(1m2当たり)以下の場合と、2cm2(同)では、換気効率に二倍以上もの差のあることがわかります。従って、C値が小さいほど、つまり気密性能が高いほど換気効率の高いことがわかります。このように、健康によい良質な住環境を実現するには高い気密性が前提となってくるわけです。

  • 関連情報*2:全換気量に占める給気口からの吸入率(%)

    では、こうした高気密の住宅を建てるにはどうしたらいいのでしょうか。
    現在、高気密住宅として財団法人建築環境・省エネルギー機構から認定を受けている工法は百数十ありますが、C値が1平方センチメートル(1m2当たり)以下の認定を受けたものは、イザットハウスを含めて4社しかありません。その中でもイザットハウスの平均C値は、2005年で0.25cm2/m2という数値になっています。

    住い選びの際は、ぜひこのC値を基準にされることをおすすめします。隙間だらけで換気効率の悪い家にしてしまっては、後々の対処にも限界がありますから。

    気密評定Cランク取得
    相当隙間面積(cm2/m2 法人名
    Cランク1.0以下 イザットハウス
    土屋ホーム
    梶田建設
    北信商建
    Bランク2.0以下 トステムSW
    松本建工FP
    スウェーデンハウス
    他40工法
    Aランク5.0以下 ミサワホーム
    積水化学工業
    住友林業
    他49工法
    相当隙間面積の数値が小さいほど気密性が高い
    気密評定Cランク取得
    (財)建築環境・省エネルギー機構
  • BACKNEXT